スーパーセンター(SuC)

  • 家族向けワンストップショッピングの利便性を追求した事業。
  • 衣料・アクセサリー・ガーデン用品・H&BC(健康・美容用品)、家電製品、医薬品など36カテゴリーの売り場を持つ。
  • フルラインのディスカウントストアにスーパーマケットをあわせている

 

SuCの運営特徴

スーパーマケットのハイ&ロー政策に対抗するELDP政策

ハイ&ロー政策

スーパーマーケットの創業者マイケル・カレンが開発した。

  • 週替わりで同一商品の価格を上下させる。
  • ある特定商品を低価格で販売する。

上記のように、一時的な安売り、特定商品の安売りによって、集客力を向上させる。

 

ELDP(Everyday Low Price)政策

  • 毎日が安売り
  • 1年中、超低価格で販売

 

SuCの組織

  • 販売量が大きい。仕入量も大きい。バイングパワーは強力
  • SuCは、取扱商品ごとにカテゴリーリーダーとなるメーカーを決め、販売データを共有化している。
  • メーカーとの販売データを共有しているので、生産原価も把握している。
  • 仕入、物流、販売の一連の流れの中で、ロジスティックシステムが確立されている。

 

SuCの店舗・立地特性

  • エレベータのない一階建てのフロアで、消費者は大型カートを利用できる(商品をわけて2階、3階もある)。
  • ルーラルエリア(過疎地)を主な立地としている。
  • 広大な敷地の確保、小商圏でもビジネスが成立するのは田舎立地。

 

SuCの商品政策

  • 集客するためのチラシは使わない
  • 常に「安さ」を武器に集客。
  • 競争店の価格より安くする。
  • 特売品を毎週替える。

 

代表例のSEIYU

  • SuCの代表例はなんといっても西友(SEIYU)です。
  • 年中価格安くにこだわっています。
  • Walmartカードを使うとされにおトク。価格安くに徹底していいます。