値入率には、売上値入率原価値入率の2種類がありますが、よく使われるのは売上値入率です。

通常、単に値入率と言った時は、売上値入率の事となります。

値入率の計算式 元になる数値
売上値入率

= 1-原価率

原価率から求める場合
売上値入率

= 値入額/売価

値入額売価から求める場合
売上値入率

= 1-原価/売価

原価売価から求める場合
売上値入率

= 値入額/(原価+値入額)

= 1/(原価/値入額+1)

原価値入額から求める場合

原価と値入額から売上値入率を求める場合が複雑です。エクセルにとってはどってことない計算式ですが、人間にとって、この計算式は覚えにくいものです。

人間用として原価と値入額から売上値入率を計算する場合には、
下記のように売価を求めてから計算する方法があります。

売価=原価+値入額

まず、この簡単な式で売価を求めます。

そして、

売上原価率=値入額/売価

と割り算して原価率が求めれれます。

この2段階の計算式を一つにまとめたのが、売上値入率 = 値入額/(原価+値入額)となっているのです。

エクセルで設定する場合には、下記のように計算式を設定します。

 

エクセルで値入率の計算式を設定例
エクセルで値入率計算式の設定例

 

青色のセルがD4、赤色のセルがE4となっていますから、
値入率を表示する緑のセルに「=1/(D4/E4+1)」と入力します。

すると、原価=800円、値入率=200円の場合の値入率が20%と計算されて表示されます。

緑のセルの実際の値は0.2ですが、書式を%にすることで100倍され20%と表示されるようになります。

 

 

各種計算式(エクセル用)

EXCELの計算式で利用しやすいように、リファレンスとなる公式を下記に示しておきます。

実に23種類もありますが、全て覚える必要はありません。

割り算の割り算など式が複雑になっているのは、できるだけ、誤差がでにくいように各数値の参照回数を少なく(1回)にしているためです。

  1. 原価 = 売価-値入額
  2. 原価 = 売価*原価率
  3. 原価 = 売価*(1-売上値入率)
  4. 原価 = 値入額*(1/売上値入率-1)
  5. 原価 = 値入額*(1/(1-原価率)-1)
  6. 値入額 = 売価-原価
  7. 値入額 = 売価*売上値入率
  8. 値入額 = 売価*(1-原価率)
  9. 値入額 = 原価*(1/原価率-1)
  10. 値入額 = 原価/(1/売上値入率-1)
  11. 売価 = 原価+値入額
  12. 売価 = 値入額/売上値入率
  13. 売価 = 原価/原価率
  14. 売価 = 原価/(1-売上値入率)
  15. 売価 = 値入額/(1-原価率)
  16. 原価率 = 1-売上値入率
  17. 原価率 = 原価/売価
  18. 原価率 = 1-値入額/売価
  19. 原価率 = 1/(1+値入額/原価)
  20. 売上値入率 = 1-原価率
  21. 売上値入率 = 値入額/売価
  22. 売上値入率 = 1-原価/売価
  23. 売上値入率 = 1/(原価/値入額+1)