商店街の運営特性

 

商店街の状況

 

商店街実態調査(平成18年度 中小企業庁実施)

  • 繁盛していると答えた商店街:1.6%
  • 停滞しているが衰退する恐れがある:37.6%
  • 衰退している:32.7%

これからわかるように、商店街は非常に厳しい状況にある。

 

商店街のタイプ別にみた最近の景気(平成18年度 中小企業庁実施)

 

  • 超高域型
    • 百貨店、量販店を含む大型店がある。
    • 有名専門店、高級専門店、飲食・サービス店を中心に構成されている。
    • 遠距離から来街する。
    • 景況
      • 繁栄している:13.6%
      • 停滞しているが上向き:13.6%
      • まあまあ(横ばい):36.4%
      • 停滞しているが衰退する恐れがある:33.3%
      • 衰退している:3.0%
  • 広域型
    • 量販店を含む大型店がある。
    • 最寄品店より買回品店(かいまわりひんてん)が多い。
    • 景況
      • 繁栄している:5.4%
      • 停滞しているが上向き:9.8%
      • まあまあ(横ばい):41.3%
      • 停滞しているが衰退する恐れがある:25.5%
      • 衰退している:17.9%
  • 地域型
    • 最寄品、買回品を扱う業種店が混在している。
    • 徒歩や自転車だけでなく、バスなのでも来街する。
    • 景況
      • 繁栄している:1.9%
      • 停滞しているが上向き:6.7%
      • まあまあ(横ばい):25.1%
      • 停滞しているが衰退する恐れがある:38.7%
      • 衰退している:27.3%
  • 近隣型
    • 最寄品中心の業種店で構成されている。
    • 地元主婦が日用品などの購入する商店が多い。
    • 徒歩、自転車などで来街する。
    • 景況
      • 繁栄している:0.3%
      • 停滞しているが上向き:2.5%
      • まあまあ(横ばい):18.7%
      • 停滞しているが衰退する恐れがある:38.5%
      • 衰退している:39.4%

超広域型は13.6%が繁栄している。

対して、地域型、近隣型はといった狭域型商店街は景況が悪い。

 

 

商店街の空き店舗率

空き店舗率

  • 平成7年度:6.87%
  • 平成12年度:8.53%
  • 平成15年度:7.31%
  • 平成18年度:8.98%

空き店舗率は上昇傾向にある。

 

商店街の停滞・衰退の要因

停滞・衰退している要因は、内的要因と外的要因に分類できる。

 

停滞および衰退の内的要因

  • 人材不足
  • 消費者ニーズへの対応が遅れている
  • 集客促進活動の不備
  • 商店街各店舗の老朽化
  • 駐車場・道路整備の遅れ

 

停滞および衰退の外的要因

  • 消費者のライフスタイルの変化
  • モータリゼーションの進展
  • 規制緩和による競争環境の変化
  • 情報化の進展