店舗形態が専門店の運営特性

専門店

専門店は、業種と業態の2つの区分に分けられる。

  • 業種(独立系専門店):業種型専門店
    主として商店街にリッチ(肉屋、魚屋、本屋、履物屋、電気屋など)
  • 業態(大型専門店チェーン):業態志向専門店
    主として郊外やSCのテナント(家電、紳士服、カジュアルウェア、メガネ、スポーツ用品、靴、ベビー用品など)

 

業種型専門店

業種型専門店とは、取り扱っている商品によって分類した時に専門性のある小売店。

小売業の少点数は、昭和60年以来減少している。

小零細業種店の転廃業が進み、さらには中堅の業種型専門店も苦境に陥っている。

 

業態志向専門店

業態志向とは、売り方によって分類したときに専門性のある小売店。

  • PB商品開発と低価格志向
  • 他店舗化と大型化
  • 品ぞろえ専門家と長時間営業

一般にチェーンストア展開を行っている。

大型専門店チェーンストアが出店を加速しているため、中小規模の専門店や総合品ぞろえスーパーの商品カテゴリーは食いつぶされている。

専門店においては、2極化が進展している。

 

専門店の商品政策の特徴

採算のよい自主企画(PB)商品の開発・育成が専門店の特徴。

SPA(商品の企画から製造および販売まで手がける製造小売業)の場合、増収増益が顕著。

二つの商品政策

  1. ライフスタイルアソートメント型
    商品の種類は限定しない。品種は多いが品種ごとの色やサイズは絞り込まれる。
  2. リミテッド&ディプス型
    商品の種類を限定するが、品種ごとの色やサイズなどの品目を拡大する。

がある。