コンビニエンスストア(CVS)/コンビニ

顧客の利便性を追求し、毎日の生活に不可欠な商品を広くかつ浅く品ぞろえした小売形態。

  • 比較的小型の店舗
  • 食料品、弁当類、生活雑貨、各種サービスを中心に取り扱う
  • セルフサービス型

 

CVSの運営特徴

  • フランチャイズ・システムを採用
  • 年中無休の営業体制、多頻度小口・時間帯指定の納品のロジスティック体制が構築されている。

 

CVSのの組織

  • フランチャイザー(本部)はフランチャイジー(加盟店)の開発を推進する。
  • 加盟店を募集する開発部隊とのしてリクルーターが各方面にいる。
  • リクルーターは新たな加盟店の可能性があるところにフィールド担当者をつけ、加盟店の運営補助、マーチャンダイジングの助言を行う。
  • フランチャイザーの知名度・評判・実績で加盟店が拡大する。
  • フランチャイザー同士の競争は激しい。

 

CVSのの店舗・立地

  • 売り場面積は30坪が厳守されている。
  • コンビニは、住宅地、駅前商店街に立地。
  • 商圏人口が300世帯でもビジネスとして成立している。
  • コンビニは飽和状態。
  • 郊外型で大型駐車場を有するコンビニ、オフィスビル内のコンビニも増えている。

 

CVSのの商品構成

  • 売り場面積30坪で3000アイテムが基本方針。
  • 3000アイテムに売れ筋商品を追求している。
  • 2000アイテムは1年間で入れ替わっている。
  • 食品を中心としたグローサリー商品(弁当・おにぎり、オリジナル商品のファーストフード)が中心
  • 金融サービス機能のサービス商品(電気・ガズなどの公共料金代行収納、銀行ATM)も進んでいる

 

グローサリ商品/グロッサリ商品

グローサリ商品/グロッサリ商品とは、一般食料品、一般の雑貨商品、一部の実用衣料を含む生活関連商品の総称のこと。