小売業を取り巻く環境

小売業の事業所数は減少の傾向にある。また特に平成19年の調査で、大規模事業所数は大幅に減少している。

 

売上高でも同様に、小売業は低迷、大規模事業所の場合は大幅に減少である。

 

中小小売業の課題と求められる取り込み

大規模事業所に関しては、事業所数、売上高ともに大幅に減少しているが、中小小売業においても現状は厳しい。

 

魅力のある店舗が少ない

昭和の時代から進んだモータリゼーションによって、客は遠くの店舗であっても容易に出向くことが可能になった。

わざわざ、なんの特徴もない地元で買い物するより、遠くの魅力ある店舗で買い物をしたほうが楽しいし、また効率的である。

 

顧客でなく個客への対応が求められている

オムニチャンネルが発達し、流通経路が多様化した。それらの流通経路を支配するためには、個客の消費行動に対応する必要がある。

 

便利さ、スピードなどの付加価値サービスへの対応

単に購買できればよいのではなく、便利に買える、すぐに買えるなどの付加価値サービスも重要視されている。

 

情報のシステム化

中小小売業であっても情報のシステム化なしに、魅力ある店舗、個客への対応、付加価値サービスの追加を実現することはできない。

こういったシステム化を実現するためには、資金的、人的問題をクリアする必要がある。

そのために、商店街では地域的連携、同業種協同組合での水平的連携が必要になってくる

る。