大手小売業の出店

大手小売店が全国各地の小商圏へ進出している。

小商圏進出の店舗は、直接的出店と間接的出店に分類できる。

 

直接的出店

大型チェーン店が好立地に進出できなくなった、また競争を回避の対応から小商圏への進出した店舗。

 

間接的出店

大手小売店が主催するフランチャイズチェーン方式でコンビニなどが小商圏へ他店舗展開された店舗。

 

 

成長している中小小売業

  • 成長小売業
    •  売り場面積にゆとりがある。
    • 明確なコンセプトに基づいた品揃えを行っている。
    • イベントや顧客サービスを採用して顧客との交流がある
  • 顧客第一主義経営
    • FSPなどの顧客に向けた情報システムを推し進めている。
    • 業態転換を行ったり、頻繁なリニューアルを行っている。

FSP(Frequent Shoppers Program

  • FSPとはフリークエント・ショッパーズ・プログラムの略で、優良顧客を囲い込むためのプログラムのこと。
  • FSPは、顧客第一主義経営を実現するために顧客のデータを知る手段として使う。
  • FSPによって、マスマーケティングからONE to ONEのマーケティングへと流れをかえていく。

 

 

1990年から小売業は成熟期にはいっており、競争はなお激しい。小商圏を生き抜くためには、幅広いニーズに応えることが余儀なく求められている。

小売店に限らず、売上の大半は優良顧客・固定顧客が占めており、その顧客を優遇することで経営を安定化することが経営継続につながる。