ショッピングセンター(Shopping Center)

ディベロッパーと呼ばれる開発業者が計画、開発、管理運営される商業集積のこと。

百貨店や大型小売店が各店舗(キーテナント)となりこれに複数の専門店(テナント)と大型駐車場が組み合わさっている。

 

ショッピングセンター(SC)の種類

  • ネイバーフッドSC(NSC):基本形
  • コミュニティSC(CSC):基本形
  • リージョナルSC(RSC):基本形
  • スーパーリージョナルSC(SRSC):基本形
  • パワーセンター
  • アウトレットセンター
  • ライフスタイルセンター

がある。

 

 

 

ネイバーフッドSC(NSC)

スーパーマケットとドラッグストアが各店舗となっている。

近隣型のショッピングセンターである。

住宅地に隣接している。

 

食料品などの生活必需品を揃えた店舗を中心に構成されている。

テナント数は少ない(10~50テナントで構成)。

アメリカのショッピングセンターの中で最も多いSC。

 

コミュニティSC(CSC)

ディスカウントストア(DC)、総合品ぞろえスーパー(GMS)、スーパーストアが各店舗となっている。

 

住宅地からフリーウエイ(高速道路)に向かう道路の途中に作られる。

 

生活必需品を扱う小売店の他、紳士・婦人・子供服などの普段着、家電・家具などを扱う小売店から構成されている。

50~80テナントで構成されている。

飲食店の数はNSCよりも多い。

アメリカのショッピングセンターの中で2番めに多いSC。

 

 

リージョナルSC(RSC)

総合品ぞろえスーパー(GMS)、ディスカウントストア(DS)、百貨店、大型専門店が各店舗となっている。

フリーウエイの近くに作られる。

80~150テナントで構成されている。

食料品などの生活必需品を扱う店舗より、ファッション性の高い雑貨・家具などを扱う店舗が多い。

専門店の数が多い。

アメリカのショッピングセンターの中でも少なく(5%未満)減少傾向。

 

 

 

 

 

スーパーリージョナルSC(SRSC)

 

各店舗はリージョナルSCと同じ。

各店舗の数がリージョナルSCより増える(アメリカの場合5つ以上の各店舗)。

フリーウエイのインターチェンジ近くに作られる。

モールの数、テナントの数も多く(150以上のテナント)、

  • 生活をより便利にする専門店や施設
  • 楽しくする専門店や施設
  • 快適にする専門店や施設

が多い。

スケート場、遊園地、ホテルが隣接していることも多い。

アメリカのショッピングセンターの中では1%未満の構成比。

 

 

 

モールとストリップセンター

モール

モールは、一つの建物の中にモールと呼ばれる通路があって、その両側に店舗が並ぶ。

モールの両端に各店舗が配置される。

 

ストリップセンター

ストリップセンターは、駐車場を前にして、小規模な店舗が馬小屋のように並んでおり、少零細規模のショッピングセンター。それぞれの店舗は独立していて他の店舗にいくには一旦外にでる。

ネイバーフッドSC、コニュニティSCの一部、アウトレットセンターの一部、パワーセンターがこのタイプ。