チェーンストア組織の特徴

アメリカのチェーンストアでは、次の5つの原則を遵守し、単純で合理的な組織を構築している。

  1. 専門化(スペシャライゼーション)
    ・従業員に1つか2つだけの業務与え専門家を追求
    ・短時間で専門知識を習得できる
    ・従業員のモラール(士気)の維持が課題
  2. 責任と権限の明確化
    ・責任は職務を遂行しなければならない義務である。
    ・権限は職務を遂行する権利である。
    ・チェーンストアでは「責任と権限の原則」が有効に活かしきれていない。
  3. 命令系統の統一化
    ・命令系統を統一化することで従業員は共通の理解のもとで効率的に活動できる。
  4. 管理・調整範囲の確定
    ・1人の管理者が管理する従業員の数を決める。
    ・この人数を適正にすると効果的に管理・指導できる。
    ・人時生産性を高めるために必要な管理。
  5. 店舗運営責任の決定
    ・チェーンストアの運営は専門化を原則としているため、異なる業務領域に責任を持てる複数の管理者(マネージャークラス)を養成しなければならない。
    ・チェーンストアの日々の業務決定と実行に責任を持っているのは、オペレーティング・マネージャーと呼ばれる管理者である。

 

人時生産性(にんじせいさんせい):一人あたりの1時間の平均売上高。

 

管理範囲(スパン・オブ・コントロール)の原則

  • 一人の管理者が効率的に管理できる人数は7~8人が限度とされている。
  • チェーンストアの場合、店舗運営を標準化することでその人数を拡大することができる。

 

集中型管理組織の特徴

チェーンストアでは集中管理組織を採用している。

  • 集中型管理組織では、商品政策、マーケッティング、人事、財務に関する業務を決定する際、小数のマテージャークラスの担当者がいればよい。
  • 集中型管理組織では、地域に分散する各店舗を調整し、均質的な商品販売を行う。
  • 集中型管理組織では、仕入面でバイイングパワーを発揮できなければならない。
  • 集中型管理組織では、仕入コストを引き下げることだ可能である。

 

集中型管理組織の問題点

集中型管理組織は、店舗オペレーションの効率化の推進により、各店舗の運営コストを削減できるが、次の問題点がある。

  • 店舗数の拡大により、1人のバイヤーが商品の仕入と在庫管理を行うことが難しくなる。、
  • 仕入と在庫管理の業務を分ける必要がでてきた。