ドラッグストア(DgS)

調剤(処方箋薬)を基本としてH&BC(健康美容関連)カテゴリーを中心に品ぞろえしたセミ。セルフサービスの小売形態。

  • 医薬品および化粧品の品ぞろえが中心。
  • 美と健康をコーディネートする。

 

DgSの運営形態は、セミ・セルフサービス

基本はセルフサービス型であるが、医薬品を販売する時は対面型販売を行う。

  • 医薬品や化粧品は顧客1人ひとりの症状や体質よる商品は、対面型販売。
  • 生活必需品である日用雑貨や加工食品、健康食品はセルフサービス販売。

 

Dgsの組織

  • 大手企業を中心にチェーンオペレーションを基本とする組織体系の企業が多い。
  • 本部は、総合品ぞろえスーパーと同様に商品を仕入る商品部門と、各店舗の効率的運営を担う店舗運営部門がある。
  • また本部には、調剤部門、学術部門もあるのが特徴。
    • 調剤部門:店舗において病院などの医療機関からだされる処方箋を患者から受け取り、薬剤師による調合や医薬品に対する情報提供を中心に行う部門。
    • 学術部門:製薬メーカーからの医薬品情報収集や薬事行政の動向把握、薬剤師の調剤およびカウンセリング教育を行う部門。

DgSの店舗・立地特性

3種類のタイプにわかれる

  1. 小型タイプ
    100坪未満、駅前や商店街に立地。
  2. 中型タイプ
    100~300坪程度、都市の市街地から郊外に立地。
  3. 大型タイプ
    450坪以上、郊外からルーラルエリアに立地。
    医薬品の構成比率は10%程度。

 

 

DgSの商品構成

立地によって商品構成に差がある。

  • 大都市中心部:H&BC中心。
  • ルーラルエリア:食品や医療品に力をいれて集客力を高めている。

 


 

  • H&BC(Herth & Beauty Care(Aids)):健康と美容関連グッズ(商品)のこと
  • ルーラルエリア(rural area):過疎地のこと