卸売業

全体でみる

  • 事業所数は、減少。
  • 年間商品販売額も減少。一時的に微増したときもあるが、それは景気動向の影響で実質横ばい。
  • 就業者数も減少。

すなわち、卸売業は減少。

 

卸売業の規模別にみる

事業所数を、小規模(4人以下)、中規模(就業者数が5人~99人)、大規模(100人以上)で分類して構成をみてみる。

  • 事業所数中規模が50%以上で多数。
  • 年間商品販売額も中規模が50%を超えているが大規模もかなりの構成比(35%強)となっている

 

卸売業を業種別にみる

  • 事業所数は、上位5業種で5割弱を占めている。
    事業所数が多い上位5業種

    1. 他に分類されない卸売業(紙・紙製品・金物など)
    2. 食料・飲料卸売業
    3. 建築材料卸売業
    4. 農畜産物・水産物卸売業
    5. 一般機械器具卸売業

    卸売業は、小売業とくらべて突出した業種がない。ちなみに、小売業の場合「飲食料品小売業が3割以上を占めている。

  • 年間商品販売額は、上位6業種で6割強を占めている。
    年間商品販売額が多い上位6業種

    1. 鉱物・金属材料卸売業
    2. 各種商品卸売業
    3. 電気機械器具卸売業
    4. 食料・飲料卸売業
    5. 他に分類されない卸売業
    6. 農畜産物・水産物卸売業
  • 増減率に着目すると、「再生資源卸売業」が伸びている(平成19年/2016年は85.5%増加)。今後も著しく高い伸び率が予想される。