商品計画の立案

小売業の商品計画とは「品ぞろえ計画」とも呼ばれる。

品ぞろえとは、いろいろな商品を取り揃えるということではなく、定めたターゲットつまり顧客ニーズに応えるための商品であり、さらに商品はそのなかから選別され、計画的に一定の連続性や関連性を保持しながら商品構成することを意味する。

商品計画の意義

  1. 顧客ニーズに的確に応えているか
  2. 顧客から満足されているか
  3. 計画的か
  4. 一定の連続性や関連性を保持しているか
  5. 商品構成されているか

商品計画上の留意点

商品カテゴリーの役割を理解する

小売業が取り扱う商品カテゴリーが地域の顧客にどのような役割を果たしているか意識する。

社会的経済環境や商品市況の変動で商品カテゴリーの果たす役割が短期間でも大きく変化することがある。

 

商品カテゴリーの役割が変わっても柔軟に対応することが肝要である。

結果分析項目

  • 営業数値
  • 品ぞろえ分析・成果・反省
  • 市場つくり・プロモーション反省
  • 業界比較・競合比較
  • 次年度改善・まとめ

 

実施調整項目

  • 地域調整
  • 価格調整・修正
  • 個店調整
  • 処分期調整

 

商品カテゴリーの位置づけを理解する

商品構成はいろいろな商品カテゴリーから成り立っている。

この商品カテゴリーは重点商品なのか、関連商品なのかの位置づけを銘菓Kにすることが重要である。

 

商品計画は、商品カテゴリーごとに作成する。

下記の、「過去の実績・評価」「現況判断」「目標の予測」から目標を設定し、それの目標にそって商品計画を作成する。

過去の実績・評価

  • いままではどうだったか
    • 売上高
    • 粗利益高
    • 粗利益率
    • 在庫効率
    • 仕入高など
  • マーケットシェア
  • 商圏のシェア
  • 当店の評価

 

現況判断

  • 今年の変化予想
  • 市況・商品開発
  • 今年の期待
  • トレンド・マインド
  • 他店予想

 

目標の予測

  • 会社の要請
  • 目標予測
  • 販売能力
  • 経費予算・販促
  • 売り場つくり