オープンアカウント

フランチャイジーはフランチャイザーにロイヤリテーを支払うが、仕入金の授受として金銭処理が行わられる。オープンアカウントは、これらの仕入れ金も含めた金銭処理を本部が一括して計算する仕組みのこと。

加盟店は、売上金をすべて本部に送金する。本部はロイヤリティや売掛け金を差し引いて残りを加盟店に送金する。

 

テリトリー権

フランチャイザーがフランチャイジーに対して、一定の領域内で営業できるように営業権を保証すること。同じテリトリー権の中に同一チェーンの店舗が出店する場合、時点の承諾を必要とする権利。

 

スーパーバイザー(supervisor)

フランチャイズシステムにおけるスーパーザイザーとは、店舗を巡回するフランチャイザーの社員のことで、一般に経営指導員と呼ばれている。

経営指導員は、フランチャイザーが選択する。フランチャイジーは経営指導員を選ぶ権利がない。販売指導員によって、経営にバラツキが生じることもあり、フランチャイズシステムの問題として挙げられている。

 

フランチャイズシステムのメリット

  • 事業機会の拡大、起業・創業促進。それによる産業振興。
  • 比較的少額の事業資金や低いビジネスリスクで事業活動を可能にする。それによって、労働機会の提供や雇用が拡大する。
  • 成功モデルの迅速な普及。分業・規模の利益によって、経営の近代化・合理化に寄与する。
  • 小額資本で効率的な事業経営ができるので、社会資本が効率的活用される。中小企業の活性化、既存零細企業の再生。

 

フランチャイズシステムのデメリット

  • 本部が設定した契約を加盟店が受け入れる形であるため、契約するためには、加盟者が適切な情報を得て内容を理解する必要がある。そのための状況を確保することが必要。
  • 本部と加盟者の間の取引関係で、独占禁止法上の「不公正な取引方法」に該当するような事例が発生する可能性が有る。
  • 本部(または加盟者)が市場競争に敗れた場合、独立した事業者である加盟者(または本部)もマイナスの影響を受ける場合がある。

 

関連サイト