チェーンストアの成長要因

成長要因を外部要因と内部要因とに分類する。

外部要因

  • 大量生産体制の確立
    大量販売の力をもつ大手小売店がチェーンストアとして登場した。
    つまり、大量販売できるチェーンストアが登場した。
  • 大量消費時代の到来
    高度経済成長に伴い、消費者の購買力が増大した。
    これがチェーンストアに莫大な利益をもたらし成長を促した。
  • 人口の郊外への拡散現象
    高度経済成長に伴い、人口が郊外に移動した。
    チェーンストアは郊外へ出店できた。

 

内部要因

  • 管理の集中
    チェーン全体を一つの企業体として経営するための管理機能を本部に集中することができた。
    経営技術の革新。
  • 販売の分離
    各地に分散しているチェーン店は販売に専念できる。
    大量販売の体制ができた。
  • 店舗網の拡大
  • 集中大量仕入
  • セルフサービス方式の採用
  • 低価格政策

 

チェーンストアの経営戦略

セントラルバイイングの課題

大量仕入で仕入れ価格を引き下げるセントラルバイイングは、仕入の弱い企業にたいする買い叩きとの悲観がある。

大量取引しても、小口配送の負担がある。

 

出店対策

出店が加速し増えてくると、チェーンストアの自己資本率が低下する。

他人資本の比率が高い。

他人資本の比率が高いとその分利子が増え、チェーンストアの財源力が低下する。

 

セルフサービス方式

セルフサービス方式は低いマージンでコスト削減する。

省力化の経営方針が売り場だけでなく、事務部門、仕入部門、倉庫部門にも推進され、それらの人員削減が会社全体で断行される。

 

 

チェーンストアの今後

 

コラボレーション(collaboration)

メーカ、卸売業とチェーンストアが共同活動を行う。

合理的な仕入システムを共同で構築する。

 

 

M&Aへの対応

小売業全体が競争時代へ突入していることから、提携や合併が避けて通れない。

これらの対応が存続・発展の鍵となっている。

 

 

コングロマリット化

 

チェーンストアは、大規模総合小売業グループへと発展してきた。

事業が多角化し、複合企業としての性格を持つ。

こうしたコングロマリット化は、メリットとデメリットを有するのでこれらの対応が必要。

 

 

エリア対応の運営

大量仕入のメリットを活かすだけでなく、地域の需要に対応する地域別の仕入もあわせて行う。