チェーンストアとは

チェーンストアとは下記の経営形態のことである。

  • 一定の原則や基準がある。
  • 多数の店舗を連結している。
  • 規格化された経営システムを駆使する。
  • 1店舗では実現が難しいマーチャンダイジングを実現する。
  • 新市場を開拓し消費者の生活向上に寄与する。

チェーンストアの分類

  • レギュラーチェーン(本部企業が直接投資・直営店)
  • フランチャイズチェーン(加盟店は本部と別資本)
  • ボランティアチェーン(個々の事業者が独立している・自発的)

 

規格化と標準化の違い

  • 規格化
    店舗の商品などが一定の原則や基準にもとづいている。
  • 標準化・単純化
    多数の店舗が同じ方向で継続的に運営される。

 

マス・マーチャンダイザー

小売業のトップであった百貨店の売上を追い抜く小売企業のことをマス・マーチャンダイジングの実現という。これを実現した企業を、マス・マーチャンダイザー、ビッグストアと呼ぶ。

マス・マーチャンダイザーとは、大量仕入・大量販売を行う小売業のことで、チェーンストアはこの要素をもってなければならない。

 

マス・マーチャンダイジング

大量の買い付け力によって商品計画の立案、大量販売に至るまでのプロセスのこと。

マーチャンダイジングサイクルとは、マス・マーチャンダイザーが適用しているシステム(大量の買い付けを前提にした広範囲な活動)を意味している。

 

チェーンストアの産業化

チェーンストアは、消費者の生活向上に寄与している。

逆にいうと、消費者の生活向上に寄与していなければ、チェーンストアとはいえない。

スーパーバイザー(SV)

スーパーバイザーとは、本部の店舗運営支援部に設定されている店舗運営監督者のこと。

スーパーバイザーは、各店舗の店長に対して、的確な助言などを行う。

スーパーバイザーは、店舗運営支援部の長(マネージャー)のスタッフとして活動する。

ただし、各店舗に対して命令する権限はなく、各店舗への政策の指示はマネージャーが行う。